2018.01.15 Monday

各地からの集会案内

〈2018人権のつどい 「障害」って何?〉

 「分けないで!」

 「地域でごっちゃになって生きよう!」

講師 丸子 勉さん(元特別支援学校教員)

日時 2018年2月2日(金)

18時30分〜20時30分(18時開場)

場所 亀戸文化センターホール

   (中央保健福祉センター)大会議室

参加費 1000円

*手話通訳有、

車椅子対応可動席部分は固定席16席分(最少8台)

主催 人権のつどい実行委員会

後援 江東区・江戸川区・

江東区教育委員会・江戸川区教育委員会

【実行委員会参加団体】

部落解放江東共闘会議・NPO法人共に結・

部落解放同盟江東支部

お問い合せ 電話03‐6802‐9317

      FAX03‐6802‐9318

 

 

〈第2回DPIインクルーシブ教育推進フォーラム〉

テーマ

『質の高いインクルーシブ教育』とは何か 

〜障害者権利条約と一般的意見第4号から読み解く〜

◆プログラム

第1

基調講演 落合俊郎(大和大学教授)

「インクルーシブ教育の世界的潮流と日本の将来」(仮)

文部科学省報告 「第4次障害者基本計画における教育」

 

第2部 

シンポジウム 

「障害当事者が求める『質の高いインクルーシブ教育』(仮)

ファシリテーター:尾上浩二

(内閣府障害者政策アドバイザー・DPI日本会議副議長) 

日時 2018年2月22日(木)   

11時45分〜15時30分

会場 議員会館(調整中)(東京都千代田区)

※詳細はDPI日本会議のHP等でご確認ください。

http://dpi-japan.org/

主催 特定非営利活動法人DPI日本会議

共催 公教育計画学会インクルーシブ教育部会

 


2017.12.03 Sunday

各地からの集会案内

〈子どもの人権と

    教育のセーフティーネットを考える集会2018

 公立高校「定員遵守」の意義を考える講演とシンポジウム

日時   2018年1月14日(日)

                   13:30〜16:30(13:15受付開始)

場所   千葉市きぼーる11階(中央保健福祉センター)

       大会議室

資料代  500円

オープニング ギターの弾き語り  

             Yuya Takahashi さん(シンガーソングライター)

第一部 講演(13:50〜14:50)

        〜公立高校「定員遵守」の意義を考える〜

     講師:佐藤陽一

          (児童自立援助ホーム南柏:ホーム長)

第二部  シンポジウム(15:00〜16:30)

     教育の「セーフティーネット」から、こぼれる子どもの現在

      夜間中学校関係者、山田久美子(不登校経験の保者)

      渡邊みさ(定員内入学拒否された受験生:保護者)

      ◇コーディネーター 佐藤陽一

主催:子どもの人権と教育のセーフティーネットを考える集会 実行委員会

          お問い合せ:TEL043‐295‐6322(高村・18時〜20時)

          Eメール: yumetizu@gmail.com

 

〈インクルネットほっかいどう冬の学習会2018〉

       〜障害者差別解消法で学校をどう変える?!

「国連障害者権利条約」を批准し、「障害者差別解消法」が施行されても、未だに本人・保護者の希望が最大限に尊重されず、保護者の付きそいが求められたり、必要な介助や配慮を拒否されたりしています。

また、高校入試で、「高校教育に足る能力、資質」を理由に、定員内でも不合格とする高校がありました。

そして、障害者に対する殺傷事件、虐待事件が続いています。 差別のない共生社会のためにこそ、「共に学ぶ」インクルーシブ教育が必要です。みなさん、いっしょに 考えましょう。

 

お話 崔栄繫(さいたかのり)さん

     (認定NPO法人DPI日本会議 議長補佐)

      「障害者差別解消法とインクルーシブ教育」

報告  北海道教育委員会との交渉、各地から

日時 2018年1月20日(土)

     13時受付

     13時30分〜17時

場所 札幌市教育文化会館403研修室

       札幌市中央区北1条西13丁目 

      地下鉄東西線・西11丁目駅1番出口 エレベーター有り

資料代として 500円 

       学生、子ども、資料のいらない介助者は無料

 

 

〈「みんなの学校」上映会と木村泰子先生の講演会〉

日時  1月20日土曜日

 1部 10時半 

    2部 13時半(2回上映)

講演会 15時半から

会場  横浜市緑区役所内 緑公会堂

参加費 大人999円 /高校生以下500円/未就学児無料

主催  横浜市緑区「みんなの学校」上映実行委員会


2017.11.10 Friday

各地からの集会案内

「みんなの学校」上映会

      〜ともに生きるは教育から〜

 日時:11月18日(土)13:30 16:30 19:30(3回上映)

 場所: 札幌エルプラザ 4階大研修室(北海道札幌市北区北8条西3丁目)

 入場料:500円(小学生以下無料)

 主催: どんなに障害が重くても地域の学校へ・連絡会議

 後援: 札幌市

 問い合わせ先  090‐2878‐0042青野(あおの)

 

 

インクルーシブ教育学習会

     〜障害のある子もそうでない子もみんないっしょ〜

 日時:12月23日(土)13時30分〜16時30分

 場所  岡山ろうきんビル5階 会議室(エレベータ有り)

          岡山市北区津島西坂1‐4‐18  086‐253‐9650

 会費  無料

 参加対象 教職員・保護者・市民

 内容       。庁孱帖嵒よ吹け! 未来はここに!!」上映(60分)

          講演 「逆風はやがて順風になる」

              〜医療的ケア児が地域で生きるために先生方に知ってほしいこと〜

           講師 正木篤さん(広島市安佐南区の小学校に通学する3年生)と

               御両親(正木一さん、正寧子さん)

          2山の様子 重利政志さん(社会福祉法人 弘徳学園施設長)

          せ臆端坿響杆鯲

 

  *ストレッチャーで移動し、人工呼吸器を着けて学校生活をしている全国の仲間の様子を

   映画鑑賞し、講師のお話をお聞きする予定です。岡山市内でも、親の付き添いを求められ

   ながらも、医療的ケア児が元気に通常学級で学び、級友たちと仲良く学校生活を送ってい

   ます。その様子もお伝えします。

 

 主催 岡山県教組 教育運動推進センター

            「インクルーシブな学校園づくり研究部会」

 主催者連絡先   原田泰藏 090‐7543‐8378

 

第6回DPI障害者政策討論集会

        全てのいのちと尊厳が守られる社会に

 日時: 12 月2日(土)13:00〜16:30(受付開始:12:30) 

         3日(日)9: 30 〜16:00(受付開始:9:00)

 会場: 戸山サンライズ 研修室・会議室

                (東京都新宿区戸山1‐22‐1)

 参加費:資料代:3000円

      (介助者で資料が必要ない場合は無料)

 申込締切:11月17日(金)

 

1日目 全体会テーマ「パラレルレポート作成に向けて」

〜障害者権利条約の完全実施のためのパラレルレポート作成プロジェクト報告〜

■基調報告「パラレルレポート作成の意義」

      野村茂樹(弁護士)

■シンポジウム「パラレルレポート作成プロジェクトの報告と主要論点について」

シンポジスト

 崔栄繁(DPI日本会議議長補佐)

 一木玲子(大阪経済法科大学客員研究員)「24条・教育」他

コーディネーター

 尾上浩二(DPI日本会議副議長、内閣府障害者施策アドバイザー)

 

2日目 午前の部(9時30分〜12時)

全体会

「相模原障害者殺傷事件、二度と繰り返さないために私たちは何をすべきか」

■基調報告

熊谷 晋一郎(東京大学先端科学技術研究センター准教授)

午後の部(13:00〜16:00) 分科会

分科会1.地域生活 

分科会2.雇用・労働

分科会3.障害女性

分科会4.国際協力

●主催、問合せ先

認定NPO法人 DPI日本会議

〒101 ‐0054 東京都千代田区神田錦町3‐ 11 ‐8 武蔵野ビル5階

電 話 03 ‐5282‐3730  FAX 03‐5282‐0017 

メール office@dpijapan.org


2017.10.03 Tuesday

各地からの集会のお知らせ

 

1.都高教10月教研 インクルーシブ 分科会

       日時  10月14日 (土) 午後2時〜5時

       会場  日比谷高校星陵会館 (東京メトロ永田町駅6番出口より徒歩3分)

   多くの障害児が都立高校に入学してくることを受けて、都立高校の教員たちが立ち上げた分科会です。 どなたも参加できます。

 

2.「やまゆり」からいのちを問い続ける

            第1回横浜フォーラム

  日時:10月21日(土)14:00〜16:45

  会場:神奈川県社会福祉会館 第3・第4研修室(3F)

     (横浜市神奈川区沢渡4-2

   講師:荒井裕樹さん(二松学舎大学専任講師)

    「相模原事件後の世界をどう生きるか

                              −−横田弘の言葉から考える−−」

  【主催】 「やまゆり」からいのちを問い続ける

                                                横浜フォーラム実行委員会

                事務局 柳沢恵美子

                          (神奈川・「障害児」の高校入学を実現する会)

 

3.2017東京「障害」教育研究集会

  日時:10月21日(土)10:00〜16:30

  会場:ラポール日教済

    共に学び共に育つ教育を進めるために

   記念講演  崔 栄繁さん (DPI日本会議 座長補佐)

           「障害者権利条約とインクルーシブ教育」

    分科会  小・中・高・特別支援学校からの実践・

                                    地域で生きる取り組み等の実践報告と討論

    主催 都障労組(3223‐86816)・東京教組(6276-1311)

 

4. 子どもは子どもの中で育ちます 

    ―障害のある子どもも共に普通学級でー

  日時   10月22日(日) 午後2時〜4時30分

  場所   石神井庁舎 第4会議室 

       西武池袋線 石神井公園駅南口 徒歩5

 

  講師   高木千恵子さん(元小学校教員)

       (「障害児を普通学校へ・全国連絡会」運営委員)

  資料代  500

  主催   練馬・子ども分けない教育を考える会

  連絡先  円谷 03-3995-0904 T/F

       http://www.wakenai-kyoiku.com

 

5.呼吸器から吹く風に乗り、つながりあう人と人との物語

   「風は生きよという」 上映会

                         主催 NPOいっぽ 

  日時 2017年10月22日(日) 午後2時から

  会場 東京都府中市 ルミエール府中第1・第2会議室

   個別音声ガイド/バリアフリー字幕付き

  前売り800円 当日1000円 

  問い合わせ先  NPOいっぽ  042-306-5614 

     藤森 070-5079-5477  ippo1312900@tbz.t-com.ne.jp  

 

6. 第42回 障害児の就園・就学・進学ホットライン

  日時 10月25日(水)・26日(木) 午前10時〜午後6時

  電話番号 049−266−4987 

    (ふじみ野 埼玉障害者自立生活協会)

  親、当事者、教員、応援者などが経験をもとに相談にのります。

      *上記の他に常時相談を受け付けています。

                    donokomo1987@yahoo.co.jp

<主催団体>どの子も共に・埼玉連絡会 

連絡先 048−839−3234(関)048-942-7543(竹迫)   

(どの子も共に地域の保育所へ!学校へ!高校へ!埼玉連絡会)

 

7.共生共走5時間リレーマラソン

  日時 10月29日(日)10時30分〜15時30分

  会場 品川区八潮多目的広場

   チームによるリレーマラソン

   共生共走リレーマラソン実行委員会  

                    FAX 03−6426−7788

 

8.「いっしょにいこうよ!」 秋の相談会・2017

  日時 2017年11月26日(日)1時30分〜4時30分

  会場 武蔵浦和コミュニティセンター第7集会室 

    (武蔵浦和駅西口 サウスピア 8階)

       ☎ 048−844−7215

  1、卒業生たちの話(インタビューで)

  2、参加者からの報告

  3、参加者からの相談(ホットラインの相談者も含めて)

  4、法律や制度の説明、県交渉の経過報告など

   主催: どの子も共に・埼玉連絡会

                    mail : donokomo1987@yahoo.co.jp

   (どの子も共に地域の保育所へ!学校へ!高校へ!埼玉連絡会)

    連絡先:048−839−3234(関)

                      048−942−7543(竹迫)

 

 

 

 

 


2017.07.07 Friday

各地からの集会お知らせ

第8回インクルーシブ教育の集い(福井)

「地域で学ぶインクルーシブ教育もあるよ」

 〜障害のある子とない子が共に学ぶ教育に向かって〜

日時 8月20日(日)13時〜15時30分

場所 福井県社会福祉センター4階 第一・第二研修室 (福井市光陽町2‐3‐22

*参加費無料*保育あり(事前申し込み300円)*手話通訳あり

講演 テーマ  「彪冴(ひゅうご・自閉症)と仲間たちが教えてくれたこと」

障害を理由に「分ける教育」をして,人と人とのそんな「大切な出会い」の可能性を狭めてし  まってもいいのだろうか?

      〜金沢つながりの会・母 関澤 久子氏〜〜

みんなで話そう

  講師   徳田 茂氏(障害児を普通学校へ・全国連絡会元世話人代表)

       坂後 恒久氏(小児科神経学会認定医)

  コーディネーター・中村 晴美氏(通級児・保護者)

15時30分:閉会(以後希望者のみ、障害児の就学・修学等の個別相談会実施)

主催・問い合わせ:あいじつ事務局〈18:00〜20:00〉筍娃坑亜升坑沓僑供升械横隠検陛荳蝓

後援:福井市教育委員会   すくすく会  福井大学ボランティアサークル together

   金沢つながりの会   杉の子会

 

第4回 ゆめ風であいましょう in大阪―感謝と希望のつどい

日時 7月15日(土)14時〜16時30分

会場 近畿ろうきんメインホール(大阪市西区江戸橋1‐12‐1 ろうきん肥後橋ビル12F)

・「さぽーとV」報告会(ゆめ風基金/あしなが育英会)

・被災地からの報告

NPOコーヒータイム 理事長 橋本由利子さん/福島県二本松市)

熊本学園大学社会福祉学部 元講師 吉村千恵さん(熊本県熊本市)

・落語 全盲の落語家 桂 福点さん

参加費 1500円 障害者 (1000円)(介護者1000円)

手話通訳あり

申し込み・問い合わせ 認定NPO法人ゆめ風基金 ☎06‐6324‐7702 yumekaze@nifty.com

 

いっしょにいこうよ! 夏の集会2017(埼玉)

日時 7月8日(土)13時30分〜16時30分

場所 与野本町コミュニティーセンター(さいたま市中央区本町東3‐5‐43

お話 柴田靖子さん

相談、近況報告

主催 「いっしょにいこうよ!」夏の集会・2017 実行委員会

共催 どの子も地域の公立高校へ・埼玉連絡会/一般社団法人・埼玉障害者自立生活協会/埼玉障害者市民ネットワーク/誰もが共に生きる地域をめざすぺんぎん村/OMIYAばりあフリー研究会/TOKOどの子も地域の学校へ! 公立高校へ! 東部地区懇談会/坂戸市障害者福祉市民ネットワーク/さやまのぺんぎん村/所沢・教育と福祉を問い直す会

連絡先 048839‐3234(関) 048‐942‐7543(竹迫)

 

就園と普通学級入学のための相談会

日時 7月9日(日) 13時30分〜16時

場所 千葉市 きぼーる 11階 大会議室

講師 佐藤陽一さん  元教員による就学までの流れや制度の説明

個別の就園・就学相談 14時40分〜16時

参加費 資料代 300

主催 千葉市地域で生きる会

問い合わせ・連絡先 高村(tel/fax043‐295‐6322) yumetizu@gmail.com

 

第38回「障害」児を普通学校へ夏のつどい 2017

おとなも子どもも、み〜んな 地域で当たり前に生きていきたい。

=お話= 安積 遊歩さん

  『私にとって大切なこと。あなたにとって何ですか?』

日時 2017年8月5日(土)

13時受付 13時15分〜15時55分

会場 かでる2・7 710会議室  札幌市中央区北2条西7丁目

資料代 1000円/資料のいらない介助者は無料/子どもは無料

保育を希望の方は、7月20日(木)までに、申し込みください。

主催 夏のつどい実行委員会

連絡先 NPO法人地域生活きたのセンターぱお

      011‐889‐6560(荒野耕司) 

共催 どんなに障害が重くても地域の学校へ・連絡会議/札幌・共に

育つ教育を進める会


<< | 2/6PAGES | >>

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>

お知らせ一覧

過去のお知らせ

お知らせ一覧は2013年5月よりブログを活用しています。4月以前のお知らせはこちら

バックナンバー

recent comment

検索

others

モバイル

qrcode