2018.05.16 Wednesday

各地の集会・相談案内

〈学習会 なんだこりゃ?!・・・

 

       就学前のファイル提出とは?!〉

 

日時 2018年5月26日(土)13時30分〜16時30分

 

会場 国立(くにたち)公民館3階講座室

 

内容 なんだこりゃ?!   

             八王子「はちおうじっこ マイファイル」

            国立「始めまして、うちの子紹介カード」

 

講師  高木千恵子さん

    

   主催 国立の教育を守る市民連絡会

    ☎042‐507‐4414

 

 

 

〈2018障害児を普通学級へ・全道春のつどい〉

 

日時 2018年5月27日(日)13時〜17時

 

会場 とかちプラザ1階大集会室

         (JR帯広駅南口正面)

内容

 第一部 トークセッション「今ここにある犇Δ乏悗峩軌薛

  ・青野洸夢さんの映像による高校生活紹介

                        (洸夢さん・比奈子さん)

  ・帯広市内の普通学級で学んだ千葉絵里菜さん(NHKリポーター)、

           笹田悠平さん(B型就労施設利用者)のお話し

 

 第二部 玉木幸則さん講演会演題

   「障害のある人もない人も、ともに学ぶ学校、ともに暮らせるまちづくり

           ―障害者差別解消法を追い風に―

   玉木幸則さん 

NHK Eテレ「バリバラ」出演中、内閣府障害者政策委員会委員、西宮市社会福祉協議会職員

 

主催 どの子もともに普通学級へ! ともに歩む会

協賛 障害児を普通学校へ・全国連絡会

         ☎090‐7647‐6847(よしだ)

         tomoni2222@yahoo.co.jp(ともに歩む会)

開催協力券 1000円(学生以下無料)

 

 

 

〈知的障害児の高校進学を考える学習会〉

 

日時 2018年6月3日(日)13時30分〜15時30分

 

会場 えーるピア久留米3階302学習室

                      久留米市諏訪野町1830‐6

主催 インクルーシブネットワーク福岡

 

連絡先 久留米市御井旗1‐11‐64

        電話0942‐44‐0159 中山

 

 

 

〈第43回障害児の就園・就学・進学ホットライン〉

 

日時 2018年6月12日(水)・13日(水)

 

    午前10時30分〜午後6時

 

主催 みんな一緒に・埼玉連絡会

                        ☎049‐266‐4987

                        Eメール donokomo1987@yahoo.co.jp

    (常時相談を受け付けています)

                                ☎048‐942‐7543(竹迫)

 

 

 

〈インクルーシブ教育講演会〉

 

日時 2018年6月24日(日)    14時〜17時

 

場所 津山市津山東公民館

                  津山市川崎796‐2

 

講師 一木玲子さん

 

演題   学校での「合理的配慮」についていっしょに考えてみませんか

            〜障害のある子の就学と学校生活〜

 

参加対象者 教職員・保護者・市民

 

主催 岡山県人権教育研究協議会

    美作地区人権教育研究協議会

後援 岡山県教職員組合

        ☎090‐7543‐8378(原田)


2018.04.11 Wednesday

各地からの集会案内

 

〈2018障害児を普通学級へ・全道春のつどい〉

 

日時 2018年5月27日(日)13時〜17

会場 とかちプラザ1階大集会室

(JR帯広駅南口正面)

内容

第一部  トークセッション

「今ここにある! 共に学ぶ教育」

・青野洸夢さんの映像による高校生活紹介

・私たちが過ごした普通学級での生活

     (千葉絵里菜さん、笹田悠平さん)

 

第二部 講演会

  玉木幸則さん(Eテレ「バリバラ」ご意見番)

 

   参加費 1000円(学生以下無料)

   主催 どの子もともに普通学級へ! ともに歩む会

   連絡先 tomoni2222@yahoo.co.jp

 

〈障害児の公立高校進学相談会〉

 

日時 2018年5月13日(日)

 

13時30分〜14時30分

障害児の公立高校進学の現状と制度の説明。

講師 佐藤陽一

 

14時30分〜15時

受験体制後と公立学校入学後の生活・進級の様子

当事者・親から

 

15時10分〜16時30分

 グループまたは個別の相談

 

会場 きぼーる11階ボランティア活動室1

   千葉市中央区中央4‐5‐1

   電話043‐221‐2177

 

資料代 300円

主催 千葉「障害児・者」の高校進学を実現させる会

問い合わせ先 渡邊TEL&FAX0476‐28‐6583

E-mail  chiba-koukousingaku@xqh.biglobe.ne.jp


2018.02.08 Thursday

各地からの集会案内

≪第6回インクルーシブ教育セミナーin西宮≫

 

日時   2018年2月17日(土) 13:00〜16:30

会場   西宮市立こども未来センター 4F会議室

テーマ  

インクルーシブな社会をめざして

〜地域で生きる、学ぶとは?

パネリスト 

鍛治克哉さん   コーディネーター 

             自立生活センター メインストリーム協会当事者スタッフ

平本歩さん     人工呼吸器をつけて一人暮らしをしている

井上拓路さん    宝塚市立末成小学校教諭

奥村真理子さん   通常学級に通う障害児(小1)の母

西陽子さん      臨床心理士

 支援学級に通う障害児(小2)の母

 

参加お申込み お問い合わせ

  【E-Mailinclunet.nishinomiya@gmail.com

  【Call090 –6980 –5426(栗山)

資料代  会員:無料  非会員:300円

主催   インクルーシブ教育をすすめるネットワークin西宮

(インクルネット西宮)

後援   西宮市

 

 

≪第2回DPIインクルーシブ教育推進フォーラム≫
『質の高いインクルーシブ教育』とは何か
〜障害者権利条約と一般的意見4号から読み解く〜
(公財)キリン福祉財団助成事業
主催:DPI日本会議
共催:公教育計画学会インクルーシブ教育部会

日時 222日(木)13‐1630
会場 戸山サンライズ2階大研修室

プログラム
◆第1部(13151415
 基調講演

「インクルーシブ教育の世界的潮流と

日本に対する社会経済学的意味」
      落合俊郎さん(大和大学)
◆第2部 シンポジウム(14301630
「障害当事者が求める『質の高いインクルーシブ教育』」
  シンポジスト  一木玲子さん(公教育計画学会)

            北村佳那子さん・チームかなこ

(障害当事者・大阪)

            他一名

  ファシリテーター 尾上浩二

(内閣府障害者施策アドバイザー・DPI日本会議副議長)

 

参加費(資料代)500

情報保障 締切り2/15(金)
       PC文字通訳・手話通訳・点字資料あり
参加受付締切り 2/19()

申込方法
ウェブフォームからお申込みください https://goo.gl/YAAPPW

お問合せ先:DPI日本会議
 メール:office@dpi-japan.org 電話03-5282-3730

 

 

≪実践から考える「インクルーシブ教育」≫

講師 宮澤弘道さん

日時 2018224日(土) 午後130分〜4

会場 ルミエール府中講習会議室

(京王線府中駅北口徒歩6分)

参加費 500

主催  就学時健診を考える府中市民の会

 

 


2018.01.15 Monday

各地からの集会案内

〈2018人権のつどい 「障害」って何?〉

 「分けないで!」

 「地域でごっちゃになって生きよう!」

講師 丸子 勉さん(元特別支援学校教員)

日時 2018年2月2日(金)

18時30分〜20時30分(18時開場)

場所 亀戸文化センターホール

   (中央保健福祉センター)大会議室

参加費 1000円

*手話通訳有、

車椅子対応可動席部分は固定席16席分(最少8台)

主催 人権のつどい実行委員会

後援 江東区・江戸川区・

江東区教育委員会・江戸川区教育委員会

【実行委員会参加団体】

部落解放江東共闘会議・NPO法人共に結・

部落解放同盟江東支部

お問い合せ 電話03‐6802‐9317

      FAX03‐6802‐9318

 

 

〈第2回DPIインクルーシブ教育推進フォーラム〉

テーマ

『質の高いインクルーシブ教育』とは何か 

〜障害者権利条約と一般的意見第4号から読み解く〜

◆プログラム

第1

基調講演 落合俊郎(大和大学教授)

「インクルーシブ教育の世界的潮流と日本の将来」(仮)

文部科学省報告 「第4次障害者基本計画における教育」

 

第2部 

シンポジウム 

「障害当事者が求める『質の高いインクルーシブ教育』(仮)

ファシリテーター:尾上浩二

(内閣府障害者政策アドバイザー・DPI日本会議副議長) 

日時 2018年2月22日(木)   

11時45分〜15時30分

会場 議員会館(調整中)(東京都千代田区)

※詳細はDPI日本会議のHP等でご確認ください。

http://dpi-japan.org/

主催 特定非営利活動法人DPI日本会議

共催 公教育計画学会インクルーシブ教育部会

 


2017.12.03 Sunday

各地からの集会案内

〈子どもの人権と

    教育のセーフティーネットを考える集会2018

 公立高校「定員遵守」の意義を考える講演とシンポジウム

日時   2018年1月14日(日)

                   13:30〜16:30(13:15受付開始)

場所   千葉市きぼーる11階(中央保健福祉センター)

       大会議室

資料代  500円

オープニング ギターの弾き語り  

             Yuya Takahashi さん(シンガーソングライター)

第一部 講演(13:50〜14:50)

        〜公立高校「定員遵守」の意義を考える〜

     講師:佐藤陽一

          (児童自立援助ホーム南柏:ホーム長)

第二部  シンポジウム(15:00〜16:30)

     教育の「セーフティーネット」から、こぼれる子どもの現在

      夜間中学校関係者、山田久美子(不登校経験の保者)

      渡邊みさ(定員内入学拒否された受験生:保護者)

      ◇コーディネーター 佐藤陽一

主催:子どもの人権と教育のセーフティーネットを考える集会 実行委員会

          お問い合せ:TEL043‐295‐6322(高村・18時〜20時)

          Eメール: yumetizu@gmail.com

 

〈インクルネットほっかいどう冬の学習会2018〉

       〜障害者差別解消法で学校をどう変える?!

「国連障害者権利条約」を批准し、「障害者差別解消法」が施行されても、未だに本人・保護者の希望が最大限に尊重されず、保護者の付きそいが求められたり、必要な介助や配慮を拒否されたりしています。

また、高校入試で、「高校教育に足る能力、資質」を理由に、定員内でも不合格とする高校がありました。

そして、障害者に対する殺傷事件、虐待事件が続いています。 差別のない共生社会のためにこそ、「共に学ぶ」インクルーシブ教育が必要です。みなさん、いっしょに 考えましょう。

 

お話 崔栄繫(さいたかのり)さん

     (認定NPO法人DPI日本会議 議長補佐)

      「障害者差別解消法とインクルーシブ教育」

報告  北海道教育委員会との交渉、各地から

日時 2018年1月20日(土)

     13時受付

     13時30分〜17時

場所 札幌市教育文化会館403研修室

       札幌市中央区北1条西13丁目 

      地下鉄東西線・西11丁目駅1番出口 エレベーター有り

資料代として 500円 

       学生、子ども、資料のいらない介助者は無料

 

 

〈「みんなの学校」上映会と木村泰子先生の講演会〉

日時  1月20日土曜日

 1部 10時半 

    2部 13時半(2回上映)

講演会 15時半から

会場  横浜市緑区役所内 緑公会堂

参加費 大人999円 /高校生以下500円/未就学児無料

主催  横浜市緑区「みんなの学校」上映実行委員会


| 1/5PAGES | >>

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>

お知らせ一覧

過去のお知らせ

お知らせ一覧は2013年5月よりブログを活用しています。4月以前のお知らせはこちら

バックナンバー

recent comment

検索

others

モバイル

qrcode